「旅客機内の格差」や「クルーズの進化」など、旅の仕方に影響を与えた6つのポイント

  • 復興を目指す被災地を訪れ、観光でお金を使うことが何よりの支援
  • 旅客機内の格差広がる-若者も楽しめるようクルーズの旅が進化

1年あれば多くのことが変わる。2017年に特に大きく変わったのは旅の仕方だ。16年に深刻な問題となったジカ熱や難民危機の影響もある。トランプ米大統領による入国禁止令も論争を呼んだ。世界を旅する人々にここ1年で特に影響を与えた6つの点を振り返ろう。

1. ハリケーンと山火事

カリフォルニア州で広がった山火事

写真家:Marcus Yam / Los Angeles Times

  米国は今年、「ハービー」「イルマ」「マリア」と立て続けに大きなハリケーンに見舞われた。テキサス州やフロリダ州、プエルトリコに加え、カリブ海地域でも大きな被害が生じた。 米西海岸では大規模な山火事が発生し、カリフォルニア州のワイン生産地やロサンゼルス地域に広がった。こうした自然災害は冬の退屈から逃れたい旅人を新たな目的地に向かわせている。バミューダやメキシコのロスカボス、ニュージーランドなどが最近人気だが、復興を目指す被災地を訪れ、観光でお金を使うことが、何より重要な復興支援となることを忘れてはならない。

2.旅客機内の格差

カタール航空の新しいビジネスクラス

出所:カタール航空

  米ユナイテッド航空の旅客機で座席が足りなくなり乗客が引きずり降ろされ、同航空の持ち株会社であるユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスは激しい批判にさらされた。米ジェットブルー・エアウェイズは9月、座席スペースを小さくすることを決めた。英ブリティッシュ・エアウェイズは高めの料金を支払った乗客の搭乗を優先させ、安い運賃の乗客を後回しにする新たなポリシーを11月に明らかにした。一方でカタール航空やエミレーツ航空は、リビングルームのようなグレードアップした座席の導入を進める。旅客機内の格差が広がるばかりだ。

3.クルーズの進化(若者を呼び込め)

「シーボーン・アンコール」のサンデッキ

フォトグラファー:Eric Laignel / Bloomberg

  船旅は退職・引退したシニア層が楽しむものだと考えているなら時代遅れだ。クルーズ船の運航各社は若者をクルーズの旅に連れ出そうとさまざまな工夫を凝らしている。従来型の欧州各地に寄港するクルーズに自転車ツアーをプラスしたり、アラスカ沖でカヤック乗りを楽しんだり、船内の設備やレストラン、エンターテインメントを拡充するなどの取り組みが見受けられた。18年もこの傾向が続きそうだ。

4.「デトックス」

モルディブのソネバフシ

出所:ソネバ

  より遠くへ行こうとする旅が人気のようだ。南極大陸やモルディブに加え、ネパールや南アフリカ共和国など大自然を満喫する目的地が注目された。精神的な安らぎとホリスティックな健康を重視する動きが広がり、フォーシーズンズホテルズからシーボーン・クルーズ・ラインに至る各社が、マインドフルネスやメディテーションに関するプログラムを導入した。消費者を分析する企業ローカル・メジャーのソーシャルメディア担当アナリストによれば、旅行者は今年、「デトックス」という言葉に16年の倍以上言及した。

5.入国審査強化

フォトグラファー:スペンサー・プラット/ゲッティイメージズ北米

  米国ではトランプ大統領がイスラム圏を含む一部の国からの入国禁止令を発した。世界の空港では、ラップトップパソコンの旅客機への持ち込み禁止などといったセキュリティー対策が強化された。トランプ政権は米国を訪れる旅行者に関する新たな規制を打ち出すと12月に入り報じられており、今後も展開が続く問題だ。

6.「オーバーツーリズム」

アイスランドのスコガル

フォトグラファー:HALLDOR KOLBEINS / AFP

  今年新たに辞書に加えるべき言葉は「オーバーツーリズム」だろう。ベネチアからペルーに至る多くの観光地では、地元経済にとって観光客は大切だが、多過ぎて地域そのものにダメージを与えかねないという問題が生じている。スペインのイビサ島ではビーチクラブのDJを禁止したり、宿泊者数規制を導入するなど、旅行者の楽園であるこの島では以前なら考えられなかった措置が講じられた。クロアチアのドブロブニクは中世の城壁で有名な観光地だが、1日当たりの訪問者数を4000人に制限。ペルーでは長くうわさされていたマチュピチュ遺跡への入場制限がついに実施された。だがどれも朗報だ。遺跡などの損傷・破壊を避けたい観光地にとってだけではない。ツーリズムそのものが持続可能性をもっと重視し、またこれまで見逃されていた本来価値ある場所に脚光が当たることにもなる。

原題:Here Are Six Important Ways That Luxury Travel Changed in 2017(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE