【NY外為】ドル続落、年間ベースでは2012年以来初の下げへ

更新日時

28日のニューヨーク外国為替市場ではドルが続落。ドル指数はこのままいけば、年間ベースでは過去10年余りで最大の下げとなる。年末のポートフォリオ調整の動きがドルの重しとなった。

  年末を控えた資金調達の圧力低下やポートフォリオのリバランスが重しとなり、ドルは下落。ポートフォリオ調整は29日も続く見通しだ。2018年を見通すと、新たな規制への対応や米国の主要経済指標などの影響でゆっくりとしたスタートになる可能性があると、複数のトレーダーは指摘している。

  ニューヨーク時間午後4時35分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.4%低下。ドルは対ユーロで0.5%安の1ユーロ=1.1941ドル。対円では0.4%下げて1ドル=112円86銭。

  ドル指数は年初以降では約8.2%の下げとなっており、このまま年を終えれば年間ベースでは2012年以降で初の下落となる。 

  ユーロは主要10通貨全てに対して年間ベースで上昇しており、対ドルでは年初以降これまでに13%余り値上がり。この上昇率は2003年以降で最大となる。

  ロンドン在勤のトレーダー2人によれば、年初は慎重な地合いでの取引となりそうだ。トレーダーらはその理由として、日本の年初の休日や欧州での第2次金融商品市場指令(MiFID2)の施行、1月5日に発表される12月の米雇用統計を挙げた。

  この日は商いが薄く、リスク選好も低いという年末特有の相場展開の中で、ドルは主要10通貨全てに対して値下がりした。ポートフォリオのリバランスは一部は28日に完了したが、29日まで続くものもあり、年末で商いが細る中で価格を大きく動かす要因となる可能性があると、あるトレーダーは語った。

欧州時間の取引

  ドルは欧州時間も軟調な動きとなり、ユーロに対して1カ月ぶりの安値を付けた。リバランスの動きのほか、米国債利回りが低下していたことも手掛かりとなった。

原題:Dollar Set for First Yearly Loss Since 2012 as Euro Pads Gains(抜粋)
Dollar Touches 1-Month Low as It Heads for Worst Year Since 2003(抜粋)

(第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE