河野外相:慰安婦合意変更なら「日韓関係はマネージ不能」

  • 正式な交渉過程を経ており、合意に至る過程に問題はない
  • 合意は最終的かつ不可逆的、着実な実施を強く求める

韓国政府の作業部会が慰安婦を巡る日韓合意についての報告書を発表したことを受け、河野太郎外相は27日、合意を変更しようとすれば「日韓関係がマネージ不能となり、断じて受け入れられない」とする談話を出した。

  報告書では、合意は被害者を中心とする姿勢を欠いていたことに加え、非公開の部分があったとしている。

  河野外相は2015年12月の合意は両国政府間で正当な交渉過程を経ており、「合意に至る過程に問題があったとは考えられない」と主張。両国が「最終的かつ不可逆的」なものとした合意を着実に実施するよう韓国側に求めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE