2017年の世界経済はポジティブサプライズ、先進国好調

  地政学的リスクや欧州各地での選挙、保護貿易主義の脅威拡大にもかかわらず、世界の経済成長にとって、今年は良い1年だった。国際通貨基金(IMF)は2017年の世界経済の成長率を3.6%と予測しており、大半の先進国経済は、年初時点の予想より好調だ。最大のポジティブサプライズの一つであるユーロ圏は、10年ぶりの高成長となりそうだ。

原題:Global Economy Had Plenty of Positive Surprises in 2017: Chart 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE