10月米20都市住宅価格指数:前年比6.4%上昇、14年以来の高い伸び

更新日時

米主要20都市の住宅価格指数は10月に市場予想を上回る伸びを示した。堅調な需要を背景に住宅在庫が逼迫(ひっぱく)し、価格を押し上げている。

  S&P・コアロジック/ケース・シラーの発表によると、米20都市住宅価格指数(季節調整前)は10月に前年比6.4%上昇と、2014年7月以降で最大の伸び。ブルームバーグがまとめた市場予想は6.3%上昇だった。全米ベースの住宅価格指数(季節調整前)は前年比で6.2%上昇した。

  季節調整後の月間ベースで20都市の住宅価格は、前月比0.7%上昇した。市場予想は0.6%の上昇だった。

  S&P指数委員会のデービッド・ブリッツァー委員長は、「住宅価格は少ない在庫と販売増を追い風に上昇を続けている」と述べ、「賃金や給与、インフレよりも速いペースで住宅価格が上昇している。一部の地域では、住宅購入希望者が賃貸住宅を視野に入れざるを得ない可能性がある」と加えた。

  住宅価格指数は20都市全てで前年比で上昇。上昇率が最も大きかったのはシアトルで12.7%。次いでラスベガスが10.2%。

  季節調整後の月間ベースではラスベガスが1.4%上昇と最大の伸び、次いでサンフランシスコが1.2%上昇した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Home Prices in 20 U.S. Cities Increase by Most Since 2014 (1)(抜粋)

(詳細を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE