サウジアラビア、2023年までに石油収入80%増を予想-関係者

  • 原油高と増産で10年ぶりの財政黒字達成へ、当局者予測
  • 当局者予測は1バレル=75ドルへの原油高を想定

A general view shows the Saudi Aramco oil facility in Dammam city.

Photographer: HASSAN AMMAR/AFP

サウジアラビア当局の推計によると、同国の石油収入は2023年までに約80%増加し、10年ぶりの財政黒字達成に貢献する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同国は財政均衡を目指す6年プログラムを推進中。

  データを公表する権限がないとして匿名を条件に話した関係者らによれば、サウジ当局者の予測では、石油収入は今年の4400億リヤル(約13兆2900億円)から、原油価格の上昇と増産により8014億リヤルに押し上げられる。この予測は原油価格が1バレル当たり75ドルに達することを想定。公的投資基金、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)の収入を除いた非石油収入は、32%増の3370億リヤルを予想しているという。

(単位:10億リヤル)2017年2018年2019年2020年2021年2022年2023年
歳入6967838439099551,0491,138
歳出9269781,0061,0501,0801,1071,134
公的債務438555673749805854854
サウジ通貨庁の外貨準備584456411345276267271

出所:サウジアラビア財務省

原題:Saudis Are Said to Expect Oil Revenue Increasing 80% by 2023(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE