ロシア大統領府:米が対ロ制裁強化なら米ロ関係に「耐え難い」リスク

  • ロシア大統領報道官は米国で検討されている新たな対ロ制裁に言及
  • 米国はロシアの実業家や企業を対象とした新たな制裁を検討

ロシア大統領府は、米国が対ロシア制裁をさらに強化する可能性を「懸念」していると、ペスコフ大統領府報道官が述べた。

  ペスコフ報道官は25日の電話会議で、「すでにかなり悲惨な状態にあるわれわれの2国間関係が、さらに大きな耐え難いほどのリスクと危険に直面しかねない状況に陥るのは望ましくない」と語った。

  米財務省は8月に施行された新たな法律の下で、追加制裁リストの作成を検討しており、ロシア大統領府に近いとみられる大物実業家と企業を対象に含める可能性がある。

プーチン大統領

写真家:Andrey Rudakov / Bloomberg

  「プーチン大統領はこうした制裁を違法と見なしていると一貫して表明しており、ロシアは原則的に制裁解除を協議する計画はない」とペスコフ氏は説明。米国が新たな制裁措置を科したら、ロシアは報復する意向だと付け加えた。

原題:Kremlin Sees ‘Unbearable’ Risk to U.S. Ties in New Sanctions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE