中国の経済規模、2032年に米国抜きトップか

  • インドは来年に英仏を追い越し、27年までに独も抜いて3位に
  • 32年には韓国とインドネシアもトップ10入り-CEBRリポート

A Chinese national flag flies in Beijing, China, on Monday, March 2, 2015.

Photographer: Tomohiro Ohsumi

アジアの主要経済国が世界で存在感を高める状況は2018年以降も続く見通しだ。経済予想・分析を手掛ける英企業が発表した経済規模の予想順位表には、今後わずか10年強でアジアの国々が上位を占める姿が示されている。

  ロンドンに本拠を置くセンター・フォー・エコノミクス・アンド・ビジネス・リサーチ(CEBR)のリポートによれば、インドは来年、ドル建ての経済規模で英国とフランスを追い越して世界5位に浮上し、27年までにはドイツも抜いて3位になる見込みだ。

  同社の予想では、32年には経済規模で世界上位4位のうち3カ国を中国とインド、日本というアジアの国が占めることになる。また、中国はそれまでに米国を上回って1位になる見通し。インドの伸長もそこで止まるわけではない。CEBRは今世紀後半にはインドが世界一になるとみている。

  32年までにはまた、韓国とインドネシアも主要7カ国(G7)メンバーのイタリアとカナダを抜いてトップ10入りを果たしていると予想されている。

原題:China to Overtake U.S. Economy by 2032 as Asian Might Builds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE