ブロックチェーンに社名変えたウーロン茶会社、株価低迷-早過ぎたか

  • 坪山茶業からブロックチェーン・グループへの変更を1年前に提案
  • 米飲料会社はロング・ブロックチェーンに社名変更後、株価289%高

Tea leaves move along a drying belt while being processed at the Charleston Tea Plantation in Wadmalaw Island, South Carolina, U.S..

Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

「ブロックチェーン・グループ」という名前に変えるのがちょっと早過ぎたのだろうか。

  元々は坪山茶業集団という社名だった香港上場の高級ウーロン茶メーカーが社名変更を提案したのは1年前だった。同社は今年11月に名前をブロックチェーン・グループに変えた。

  米国では先週、ロングアイランド・アイスティーという飲料会社が「ロング・ブロックチェーン」に社名を変更したところ、21日のニューヨーク市場で株価が一時、前日比289%急上昇したことが話題になった。

  だが、このウーロン茶メーカーの戦略は同様の効果をもたらしていないようだ。ブロックチェーン・グループの株価は年初来で80%を超える下げとなっている。同社は2011年以降、毎年赤字続きだ。
  

原題:‘Long Blockchain’ Isn’t the First Tea Company to Have This Idea(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE