ナイキの株価下落、一時9カ月ぶり大幅安-北米販売の落ち込みで

  • ナイキ株は一時7.2%安と、日中ベースで3月以来の大きな下げ
  • 9-11月の北米売上高は2四半期連続減少、予想下回る

Palm trees are reflected in a Nike Inc. window display outside of the NikeTown Los Angeles retail store in Beverly Hills, California, U.S.

Photographer: Patrick T. Fallon/

22日の米株式市場で世界最大のスポーツウエアメーカーであるナイキの株価が下落。一時9カ月ぶりの大きな下げとなった。北米の販売動向がさらに悪化し、他の外国地域の力強い伸びに影を落とした。

  ナイキ株は前日比2.3%安の63.29ドルで終了。一時7.2%安と、日中ベースで3月22日以来の大幅安を付けた。年初来では25%上昇している。

  同社の9-11月(第2四半期)の売上高は、大中華圏(16%増)と欧州・中東・アフリカ地域(19%増)では予想を上回ったものの、北米地域(5%減)は予想に届かず、2四半期連続の減少となった。米国販売ではアディダスが市場シェアを拡大している。

  9-11月期の売上高は85億5000万ドル(約9700億円)と、アナリスト予想の83億9000万ドルを上回った。1株利益は46セント。予想平均は40セントだった。

Nike's North American Malaise

Sales growth in its largest market has been slowing

原題:Nike Suffers Worst Decline in Nine Months as U.S. Slump Deepens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE