北朝鮮:国連追加制裁は「戦争行為」-外務省報道官

North Korean soldiers attend a mass rally to celebrate the North's declaration.

Photographer: KIM WON-JIN/AFP

北朝鮮は国連安全保障理事会の同国への追加制裁決議について、「戦争行為だ」として、米国を支持して決議に賛成した国々への報復を宣言した。

  北朝鮮外務省のスポークスマンは24日、朝鮮中央通信(KCNA)を通じて、米国が同国に対する「敵視政策を停止」し、「共存することを学ぶ必要がある」と述べ、「わが国が核兵器を放棄するという幻想から目覚めなければならない」との声明を発表した。

  また声明は、米国は北朝鮮が同国本土に核の重大な脅威を与えることが現在可能だということを一瞬たりとも忘れるべきでなく、新たな決議に賛成した国々が全ての結果の責任を負うとしている。

原題:North Korea Rejects New Sanctions, Vows to Avenge Sympathizers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE