コンテンツにスキップする

国連安保理、北朝鮮への追加制裁決議を採択-石油精製品90%削減

更新日時
  • 北朝鮮への石油精製品の年間輸出量の上限を50万バレル相当に設定
  • 北朝鮮労働者の本国への送還の期限は2年以内に修正された

国連安全保障理事会は22日、北朝鮮による11月の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けた同国への新たな経済制裁決議を全会一致で採択した。

  北朝鮮に対する国連決議は過去1年1カ月で4回目。ティラーソン米国務長官は1週間前、ロシアと中国が、金正恩朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮の現体制を支援していると非難していた。

  新たな制裁は、来年1月1日以降のディーゼル燃料や灯油を含む北朝鮮への石油精製品の年間輸出量の上限を50万バレル相当に設定し、海運制裁も同時に強化する。一方、「海外の北朝鮮労働者を1年以内に本国に送還する」としていた当初案の規定は2年以内に修正された。

  石油精製品の年間供給量の上限は、9月の国連安保理決議で200万バレルに設定されたが、さらに制限する。北朝鮮の年間輸入量は450万バレルと推定され、90%近い削減となる。原油の年間供給量の上限も400万バレルという明確な数字を示した。

  さらに禁輸品を積んでいることが疑われる船舶について、加盟国が港で拿捕(だほ)や臨検、押収・凍結を行える規定も盛り込んだ。

原題:North Korea Sanctions Tightened by UN Following Missile Test (2)(抜粋)

(追加制裁決議の詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE