コンテンツにスキップする

JPモルガン、ビットコインのボラティリティー分析に足を踏み入れる

  • ダイモンCEOはビットコインを「詐欺」と批判的
  • 「ほとんど余計」な作業と言いながらアナリストは腕試し
The JP Morgan logo is displayed on top of Chater House in Central district, Hong Kong, China.

The JP Morgan logo is displayed on top of Chater House in Central district, Hong Kong, China.

Photographer: Jerome Favre/Bloomberg
The JP Morgan logo is displayed on top of Chater House in Central district, Hong Kong, China.
Photographer: Jerome Favre/Bloomberg

JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)が仮想通貨ビットコインを「詐欺」と呼んでも、行内のストラテジストがビットコインのボラティリティーを分析するのをやめさせることにはならない。

  マティアス・ブーケ、マルコ・コラノビッチ両ストラテジストは21日の顧客向けリポートで、「資産クラス全般のボラティリティーが落ち込む現状にあって、日中の値動きが極端な資産の特異性が示される」と指摘。「ビットコインの実現ボラティリティー(RV)は他の資産クラスに見られるものとは異なるものだ」と記した。

  ビットコイン価格は今年1500%余り急騰し、デリバティブ(金融派生商品)売買で主要な2取引所は先物取引の提供をスタートした。これにより誰もがビットコインに注目するようになり、従来の手法でビットコインの分析を試みようとする金融機関が増えている。JPモルガンのアナリストはこれを「ほとんど余計」な作業と言いながらも腕試しをしている。
        

Bitcoin Realized Volatility
The Bitcoin "Yield Curve"
Bitcoin Volatility Smile

              
原題:JPMorgan Dips a Toe Into Analysis of Bitcoin Futures Volatility(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE