スイスのネスレ:米菓子部門、来年3月末までに売却を目指す

  • 売却プロセスは「順調」とネスレの広報担当
  • アナリストは売却額を10億-30億ドルと予想

世界最大の食品会社であるスイスのネスレは、米菓子部門を来年3月末までに売却することを目指している。マーク・シュナイダー最高経営責任者(CEO)は就任以来初となる大規模な資産売却案件をまとめたい考えだ。

  ネスレの広報担当は質問への回答を電子メールで寄せ、売却プロセスは「順調」で、2018年1-3月(第1四半期)の実施を見込んでいると指摘。ネスレは戦略見直し完了後、同資産の売却を断固として進める方針を決めたと説明した。アナリストは売却額を10億-30億ドル(約1130億-3400億円)と予想している。

  同社は6月にチョコレート菓子の「バターフィンガー」や「ベビールース」などを展開している米菓子部門について複数の選択肢を検討していると公表し、年末までに戦略見直しを完了すると表明。7月には複数の買い手候補が同部門に強い関心を示していることを明らかにしていた。
 
原題:Nestle to Sell U.S. Chocolate Business by End of First Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE