防衛費は過去最大の5兆1911億円、6年連続増-18年度予算案

  • 長距離巡航ミサイル導入へ、相手の脅威圏外から対処可能に
  • 北朝鮮に対抗、17年度補正予算案にミサイル防衛強化策を前倒し計上

政府が22日閣議決定した2018年度予算案の防衛関係費は、米軍再編経費を含む総額で過去最大の5兆1911億円となった。17年度当初予算比では1.3%増で12年末の安倍晋三政権発足後、6年連続の増加。北朝鮮の核・ミサイル開発の進展を受け、弾道ミサイル防衛体制や日本周辺の警戒監視能力の強化に取り組む内容だ。

  ミサイル防衛に関しては、米国製の陸上配備型イージス・システム(イージス・アショア)導入のための地質・測量調査や基本設計に7億円、日米で共同開発した迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」などの購入費として627億円を盛り込んだ。

  航空自衛隊の戦闘機に搭載する長距離巡航ミサイル「JSM」の導入費として21億6000万円を計上。JSMはノルウェー製で射程が500キロあり、防衛省は「相手の脅威圏外から対処できるミサイル」としている。これに加え、射程900キロの米国製巡航ミサイル「LRASM」「JASSM」の導入に向けた調査費用にも3000万円を充てる。

  同日閣議決定した17年度補正予算案では、防衛省所管分で2345億円を計上した。北朝鮮が6回目の核実験を行ったことや弾道ミサイルを相次いで発射したため、18年度に予定していたミサイル防衛強化のための事業を一部前倒して実施する。具体的にはイージス・アショアの導入に関する技術情報を取得するための経費や、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の防護範囲を広げる改良型「PAC3 MSE」の調達費などを盛り込んだ。 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE