ファニーメイとフレディマック、当局が30億ドルの資本バッファー容認

米連邦住宅金融局(FHFA)と財務省は21日、ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)がそれぞれ30億ドル(約3400億円)の資本準備金を保持するのを容認することで合意したと発表した。両社への救済措置に5年ぶりに変更が加えられる。

  FHFAのワット局長は、ファニーメイとフレディマックが資本バッファーを持たないことから、どちらかが財務省から追加の救済資金を得なければならなくなった場合に住宅ローン市場を混乱させるリスクがあると、何カ月にもわたり警告していた。一部の民主党上院議員もファニーメイとフレディマックによる資本バッファー保持を求めていたが、共和党にはそうした変更は不必要だと主張する議員もいた。

原題:Fannie and Freddie Permitted by U.S. to Keep $3 Billion Buffers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE