ビットコイン「弱気」と呼ばないで-20%下げても年初来1500%高

更新日時
  • 18日に付けた最高値から20%余り下落-21日も下げ続く
  • 弱気相場入りの定義を満たしたのは8月以降で3回目

仮想通貨ビットコインはまだ、世界の決済システムの定義を変えるには至っていないが、「弱気相場」の定義については議論を提起しそうだ。

  株式ストラテジストや金融ジャーナリストは最高値から20%の下落を「弱気相場入り」の目安とする。ブルームバーグがまとめる総合価格に基づくと、ビットコインは20日に一時この定義を満たした。同日の日中安値は18日に付けた過去最高値を20%下回っていた。下げは21日も続いた。

  ビットコインが弱気相場入りの条件を満たしたのは8月以降、これで3回目。

  20日はライバルの仮想通貨ビットコインキャッシュの躍進や、ハッキングされた韓国の仮想通貨取引所の破綻など波乱の中で下げたが、ビットコインは年初来では依然1500%以上の値上がりとなっている。

原題:Is Bitcoin in a Bear Market When It’s Still Up 1,600% for Year?(抜粋)
Is Bitcoin in a Bear Market When It’s Still Up 1,500% for Year?

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE