【アジア株】韓国の下げ目立つ、台湾・インドも小幅安-中国・香港高い

更新日時

21日のアジア株式相場は高安まちまち。米議会が税制改革法案を可決した後に米国株が下落して引けたことを受け、法人・個人向け減税が経済成長を押し上げるとの期待が相場押し上げの効力を失ったと投資家がみていることが示唆された。

  • 米下院:税制改革法案を再可決-成立に向けトランプ大統領に送付
  • MSCIアジア太平洋指数は0.2%安-ロンドン時間午前9時35分頃の時点
  • 香港のハンセン指数は0.5%高で終了ーH株指数は0.8%高
  • 中国の上海総合指数は0.4%高-深圳総合指数は0.7%上昇
    • 中国商務省:ベインによる東芝半導体部門の買収で審査開始
    • 中国:17年成長率は前年上回ると統計局エコノミスト予想-中国新聞社
    • 中国は金融リスク防止のため改革加速を-人民日報
    • 人民元が「真の準備通貨」になるには改革必要-人民銀の易副総裁
    • 中国:今後3年は金融リスク抑制に重点-中央経済工作会議閉幕
  • 台湾の加権指数は0.2%安
    • 台湾中銀:政策金利を1.375%に据え置き-33人全員の予想通り
  • 韓国総合株価指数は1.7%安
    • サムスン電子株上昇への懐疑論拡大、アナリストが相次ぎ業績予想下げ
  • オーストラリアのS&P/ASX200指数は0.3%下落
  • インド株、下落で終了ー方向感のない展開
    • S&P・BSEセンセックスは0.1%安の33756.28
    • NSEニフティー50指数はほぼ変わらず

原題:Asian Equities Mixed as Cheer Ebbs Over Tax Cuts: Markets Wrap(抜粋)
Europe Stocks Edge Lower; Bonds Mixed, Dollar Flat: Markets Wrap、Indian Stocks Edge Lower as Investors Assess RBI Meeting Minutes

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE