中国の滴滴出行:企業価値6兆円強に拡大、資金調達後-関係者

更新日時
  • 滴滴は最新の資金調達ラウンドで40億ドルを確保
  • アブダビのムバダラが出資と関係者、ソフトバンクは参加を確認

配車アプリで中国最大手の滴滴出行は最新の資金調達ラウンド完了後、企業価値が約560億ドル(約6兆3500億円)に膨らんだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  詳細が非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところでは、滴滴は今回の資金調達ラウンドでアブダビのムバダラなどから出資を受け、現金準備が120億ドルに増えたという。関係者によれば、滴滴の従来の企業価値は500億ドルと評価されていた。 滴滴は同ラウンドで40億ドルを集めたことを確認し、調達資金を海外事業の拡大などに充てると説明。ソフトバンクグループはラウンドに参加したことを明らかにした。

  滴滴は発表資料で、「人工知能(AI)関連の人材・技術への投資を拡大し、インテリジェントドライビングとスマート輸送の能力をさらに高める計画だ」と説明。調達資金を充電ステーションなど電気自動車(EV)のネットワーク構築にも投じる方針を示した。

  滴滴の調達資金については、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に報じていた。

原題:China’s Didi Is Said Valued at About $56 Billion After Funding(抜粋)

(企業価値や出資者などの情報を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE