アップル、単一のアプリが全製品で動作するようOS変更計画-関係者

  • アイフォーンとアイパッド、マックで来年にもアプリ統合へ
  • マックのアップストアは不評、数少なくアップデートわずかだった

A customer tests an iPhone X smartphone at the Apple Inc. store.

Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg
Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

アップルはスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」やタブレット「iPad(アイパッド)」とコンピューターの「Mac(マック)」のアプリを統合させる斬新な方法を導入する。アップル製品の全てで単一のアプリが等しく機能するよう変更を加える。

  事情に詳しい複数の関係者によると、ユーザーが利用している製品に応じ、タッチスクリーンでもマウスでも、トラックパッドでも同様に動く単一のアプリをソフトウエア開発者が来年にも設計できるようになる。

  開発者は現在、アップル製品向けでは携帯端末用の基本ソフト「iOS」と、マックを動かしているマックOSとで異なる2つのアプリを設計する必要がある。マックのアップストアは数が少なくほとんどアップデートされないなど、水準が低いと見なすユーザーが多い。アイフォーンとアイパッド、さらにマックも含めあらゆるアップル製品で単一のアプリが使用できるようになれば、新たな機能やアップデートが全て同時に受けられるようになる。

  アップルは来年秋に予定するiOSとマックOSの大型アップデートの一部として、この変更の本格展開に着手する計画だと、内部情報であることから匿名を条件にした関係者が述べた。このプロジェクトは「マジパン」の暗号名で呼ばれ社内で秘密にされているが、2018年終盤に稼働させる計画に変更がなければ、理論的には同年夏にも開発者会議で発表される可能性があるという。アップルの計画は流動的で、変更や中止になる可能性も依然あると関係者らは語った。

  アップルの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Apple Is Said to Have Plan to Combine IPhone, IPad and Mac Apps(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE