ビットコインでCEOの見解が珍しく一致、「それは危ない」-調査

  • 米エール大学が87社のトップを対象に調査
  • 「いい終わり方はしない」との予想が約88%

ビットコインのバブルについて警告する企業経営者のリストはずいぶん長くなった。

  米エール大学のチーフ・エグゼクティブ・リーダーシップ・インスティテュートは先週、87社の企業トップを対象に米税制改革法案からエルサレムのイスラエル首都認定まで、経済と政治の諸問題についての見解を調査した。最高経営責任者(CEO)たちの意見が一致したのは唯一、仮想通貨は「危険だ」という点だった。

  回答者の約88%が「危険な」バブルとの認識を示し、「いい終わり方はしない」と予想した。91%は取引所はビットコインを適切に規制する方法が分かっていないとし、85%が過熱していて有害だと指摘した。

  ただ、ビットコインのバブルについては2013年にも警鐘が鳴らされたが、価格は1000ドルに上昇した。今週は1万9000ドルを超えた。

原題:Bitcoin Unifies CEOs Who Agree on Little Else: It’s ‘Dangerous’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE