ECBのバイトマン氏:賃金上昇を予想、QE終了期日設定呼び掛け

  • 来年はバイトマン氏に同調する政策委メンバーが増える公算
  • 「われわれの物価安定の定義へと向かう軌道上にある」

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、バイトマン・ドイツ連邦銀行総裁は、ECBの債券購入プログラムに明確な終了期日を設定することをあらためて呼び掛けた。来年は同総裁に同調するメンバーが増えそうだ。

  同総裁は賃金上昇が勢いを増すに伴い、域内物価圧力が強まるはずだと指摘。「従って、われわれの物価安定の定義へと向かう軌道上にある」と述べた。

  先週の会合でECBは来年9月まで、または「それ以降も」購入を続けるとのコミットメントを再確認したが、理事会メンバー6人のうち少なくとも半数は購入が再度延長されるという市場の期待を抑えることに前向きな姿勢を示している。

  バイトマン氏は18日遅くにフランクフルトで記者団に、「資産購入のより早期の終了と終了期日を明確に伝えることが理にかなっていた」と語った。

  「稼働率の上昇と一部の労働市場で地域的に現れつつあるボトルネックが、賃金上昇圧力を幾分高めると予想している」と述べた。

原題:ECB’s Weidmann Predicts Wage Gains as He Seeks End Date for QE(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE