ソフトバンク:フィンテック新興企業レモネードに出資

  • ソフトバンクは1億2000万ドルの資金調達で主導的役割
  • これまでに6000万ドルを調達、アルファベットの子会社などが出資

Humanoid robots named Pepper, developed by SoftBank Group Corp.

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

ソフトバンクグループはフィンテック新興企業レモネードへの1億2000万ドル(約135億円)の出資を主導する。

  ニューヨークを拠点とするレモネードは人工知能(AI)とソフトウエアエージェントを使って住宅保険請求の文書業務を減らし処理を高速化する技術を持つ。

  19日に発表した今回の資金調達の前に6000万ドルを調達していた。前回の出資者はゼネラル・カタリスト、アルファベットのベンチャーキャピタル子会社GV、セコイア・キャピタル。レモネードは企業価値を明らかにしていないが、事情に詳しい関係者によると5億ドル余り。

  同社は2016年9月にニューヨーク州で免許を持つ住宅保険会社として発足。17年中に25州での免許を得た。新たに調達した資金は世界市場への事業拡大に活用する。

原題:SoftBank Leads $120 Million Funding in Fintech Startup Lemonade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE