米下院のロシア疑惑調査、「長引かせる」べきではない-共和党議員

  • コナウェー氏、情報特別委スタッフによる最終報告の一部作成認める
  • 共和党の報告が完成する時期については詳細示さず

Michael Conaway

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米下院情報特別委員会のロシア疑惑調査を率いる共和党のマイケル・コナウェー議員は18日、調査をあまり長引かせる理由はなく、米国民が何らかの答えを必要としていると述べた。

  コナウェー議員は、共和党が年内に調査を完了させようとしているとの民主党の指摘についてコメントせず、「私にはまだ話をすべき人がいる」と述べ、その面談が来年まで行われないと付け加えた。

  同議員はまた、情報特別委のスタッフが最終報告の一部を作成し始めたことを認めた。ただ共和党の報告が完成する時期については詳細を示さなかった。その上で「誰が、いつ、どこで何をしたといった類いのことについて公表するのは、早ければ早いほど国民にとってよい」と語った。

原題:House Trump-Russia Probe Shouldn’t ‘Drag’ Out, Says Republican(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE