米アマゾンの銀行業への進出、18年に中小銀買収で開始も-CFRA

  • 中小銀買収は「銀行業への幅広い戦略的進出」となる公算-レオン氏
  • 17年は自然食品販売のホールフーズ買収、株価は60%近く上昇

The Amazon.com logo is displayed outside the company's fulfillment center in Kenosha, Wisconsin, U.S..

Photographer: Jim Young/Bloomberg

米アマゾン・ドット・コムの銀行業への進出は、思ったより早いかもしれない。金融機関は警戒する必要があるだろう。

  CFRAの銀行アナリスト、ケン・レオン氏はネット通販の巨人であるアマゾンが銀行業に足掛かりを築くため、2018年に中小規模の銀行を取得する可能性があるとみる。「アマゾンは自動車ローンやクレジットカード、住宅ローンなど消費者向け融資における小規模ビジネスや個人とのより緊密なつながりを求めており、このような買収は銀行業への幅広い戦略的進出あるいは戦術的な動きとなる公算だ」と同氏は述べた。

  アマゾンは今年、自然食品スーパーマーケットチェーンのホールフーズ・マーケットを買収するなど、従来のネット通販事業以外の分野に進出済み。株価は年初来で60%近く上げている。

原題:Amazon Gets Into Banking -- and Other 2018 Predictions From CFRA(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE