「トランプラリー」はトランプ氏と無関係-ゴールドマンのコーエン氏

  • CNNの番組「ファリード・ザカリアGPS」で発言
  • 「選挙の結果に関係なく株価は著しく上昇していただろう」

ゴールドマンのコーエン氏

Photographer: Jonathan Fickies/Bloomberg News

トランプ米大統領には内緒にしよう。米国株の最高値更新とトランプ氏が大統領であることは、ほとんど関係がないかもしれない。

  ゴールドマン・サックスのシニア投資ストラテジスト、アビー・ジョゼフ・コーエン氏は、現在の株価は選挙前に下落した相場がその後数カ月にわたって上昇するという、典型的な選挙絡みの相場パターンを示していると指摘した。

  コーエン氏は17日放送のCNNの番組「ファリード・ザカリアGPS」でのインタビューで、「選挙の結果に関係なく株価は著しく上昇していただろう」と語った。

  米S&P500種株価指数の15日終値は2675.81と、最高値を更新。昨年の大統領選挙以後の上昇率は25%に達している。選挙前から始まっていた経済活動の改善傾向に、選挙後の典型的なパターンが加わって、株高が加速している可能性があるとコーエン氏はみる。

  トランプ大統領は7月以降、株式相場の記録更新について少なくとも6回ツイッターに投稿しており、直近では12月15日に書き込んでいる。4日には「大統領選挙以降のあなたの401k(確定拠出年金)を見て。株式相場は過去最高値だ!」とツイートした。
         
原題:Goldman’s Cohen Says Trump Rally Isn’t Actually About Trump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE