米デルタ航空、ジェット機発注でエアバスを選定-127億ドル規模

  • デルタはエアバスの「A321ネオ」100機を発注
  • エアバスはボーイングの「737マックス10」に競り勝ち受注獲得

デルタ航空は、欧州エアバスの単通路ジェット機「A321ネオ」100機を発注した。発注額は表示価格ベースで127億ドル(約1兆4300億円)となる。デルタからの受注獲得でエアバスは米ボーイングと競り合っていた。

  デルタの14日の発表資料によると、納入開始は2020年の早い段階を予定し、100機を追加購入するオプションも条件に含まれている。ボーイングの「737マックス」ファミリー最新モデル「マックス10」は今回選定されなかった。

  デルタのエド・バスティアン最高経営責任者(CEO)は投資家向けのプレゼンテーションでA321ネオについて、「最高のナローボディー機」と評価した。

  デルタとボーイングの間では、カナダのボンバルディア製ジェット機「Cシリーズ」を巡り数カ月にわたり対立が続いている。米商務省はCシリーズが不当な安値でデルタに販売されたとの米ボーイングの訴えを受け、ボンバルディアに反ダンピング関税を課すことを仮決定した。

原題:Delta Chooses Airbus Over Boeing in $12.7 Billion Jet Deal (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE