コンテンツにスキップする

ビットコイン価格急騰の裏に「ミセス・ワタナベ」-ドイツ証

  • 日本の個人投資家が外為証拠金取引からシフト
  • 個人主導の熱狂は好ましくない結末を迎える可能性も
A logo sits on the windows of the offices of La Maison du Bitcoin bank.

A logo sits on the windows of the offices of La Maison du Bitcoin bank.

Photographer: Christophe Morin/Bloomberg
A logo sits on the windows of the offices of La Maison du Bitcoin bank.
Photographer: Christophe Morin/Bloomberg

麻薬ディーラーでも脱税者でもない、そこにいるのはミセス・ワタナベだ。ドイツ証券は14日のリポートで、仮想通貨ビットコインの急騰の裏に日本の個人投資家の存在があると指摘した。

  村木正雄氏らドイツ証のアナリストは、個人投資家がレバレッジを効かせた外国為替証拠金取引から仮想通貨取引にシフトしているとの見方を示した。同証によると、日本は世界の外国為替証拠金取引の約5割を占める。日本経済新聞によれば、10-11月は世界のビットコイン取引の4割が円建てだった。
          

Bitcoin's Rise Continues

  
  ビットコインの価格は年初から16倍余り急騰しているため、値下がりが始まれば、個人投資家主導の熱狂は好ましくない結末を迎える可能性があるともドイツ証は指摘。日中のボラティリティーが大きいため、証拠金を超える損失が発生するリスクが一般的な外為取引よりも高いと説明している。また、仮想通貨を巡る投機は無視できない規模に拡大しているため、バブルが破裂した場合の市場への潜在的打撃や、そうした懸念が規制や金融政策に与える影響をより深く調べるとした。

ビットコイン:どうなる今後の1年

             
原題:Deutsche Bank Says ‘Mrs. Watanabe’ Behind the Surge in Bitcoin(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE