トランプ米大統領:規制拡大の流れに歯止めかけたと自賛

  • 自身の規制撤廃の取り組みは「米史上最も抜本的」
  • 政権発足以来、規制計画1500件を撤廃・延期したと大統領

トランプ米大統領は14日、自身の規制撤廃の取り組みは「米史上最も抜本的な規制改革だ」と自画自賛した。

  トランプ大統領は政府の新規制計画に関する年2回の報告書公表に当たり、「これまで米国で増える一方だった官僚主義的手続きに急激な歯止めを見事にかけた」と述べた。

  トランプ氏によれば、政権発足から11カ月で、計画されていた規制措置1500件を撤廃・延期した。ブルームバーグ・ニュースによる同報告書の初期のバージョンの分析では規制撤廃は約1000件となっていた。

原題:Trump Boasts of ‘Screeching’ Halt to Growth of Regulations (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE