トルコ中銀:後期流動性ウィンドウ金利0.5ポイント上げ-リラ急落

  • 後期流動性ウィンドウ金利を12.75%に引き上げ
  • 市場は利上げ幅に失望、通貨リラが2%安に

トルコ中央銀行は14日、4つの政策金利のうち後期流動性ウィンドウ金利のみを引き上げ、他の3つを据え置くと発表した。インフレ見通しが改善するまで引き締め気味の政策を維持すると表明した。市場は利上げ幅に失望しリラが下落した。

  中銀は後期流動性ウィンドウ金利を0.5ポイント引き上げ12.75%とした。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は1ポイントの利上げだった。1週間物レポ金利と翌日物貸出金利、翌日物借入金利はそれぞれ8%と9.25%、7.25%で据え置いた。

  イスタンブール時間午後2時4分現在、リラは2%安の1ドル=3.8900リラ。

原題:Turkey Raises a Key Rate by Less Than Expected; Lira Slumps(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE