ビットコイン長者の悩み解決、売らなくてもゴージャス人生満喫可能に

  • 銀行が二の足を踏むビットコイン担保融資、新興企業が参入へ
  • 大量保有のビットコイン教祖も関心、「まだサービス見つからない」

A bitcoin logo sits on a LL 1800W power unit supplying cryptocurrency mining machines at the SberBit mining 'hotel.'

Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

仮想通貨ビットコインの草創期にただ同然で購入した投資家らは最近まで、目覚ましい値上がりを指をくわえて眺めるしかなかった。ビットコインを売らなければその富を味わうことはできず、その覚悟ができない投資家は多かった。

  そこへ新興の金融業者が解決策を持ってきた。ビットコインを担保にローンを提供してくれるというのだ。銀行が二の足を踏むビットコイン担保融資に、ソルト・レンディングやネベウス、コインローン、イースレンドといった新興企業が参入、もしくは参入を計画している。直接に融資する形と、融資企業との間を取り持つ形がある。

  従来式の融資に比べれば条件は複雑かもしれないが、潜在的な市場規模は巨大だ。ビットコインの価格は今週の大半を1万7000ドル(約190万円)前後で推移しており、時価総額は3000億ドルに近づいている。その40%程度を1000人ほどの投資家が保有しているもようで、豪邸やヨット、無駄な高級品を買いたい大金持ちが大勢いるということだ。

  仮想通貨の「布教活動」に貢献し、「ビットコイン・ジーザス(教祖)」と呼ばれるロジャー・バー氏は、ビットコイン担保融資について「自分も保有ビットコインを使ってやってみたいが、今のところこれを可能にするようなサービスを見つけていない」と話した。同氏は有数のビットコイン大量保有者として知られる。

ビットコイン:どうなる今後の1年

  AQRキャピタル・マネジメントの元マネジングディレクター、アーロン・ブラウン氏はビットコインの約10%が担保として使われると見積もり、「ビットコイン担保融資の市場規模は数百億ドルになるだろう」と話した。同氏はコラムニストとして、ブルームバーグ・プロフェッツに寄稿している。

原題:Bitcoin’s New Barons No Longer Have to Sell to Live in Luxury(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE