デルタ航空:ボーイングよりエアバス選好か、航空機発注巡り-関係者

  • 発注額は表示価格ベースで約130億ドルとなる可能性
  • エアバスの「A321ネオ」も今回の協議対象

デルタ航空は単通路ジェット機約100機の発注先として、米ボーイングよりも欧州エアバスを選ぶ方向に傾きつつあると事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。13日の取締役会の決定を経て、発注先が発表されるという。

  交渉が非公開であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、エアバスの単通路機で最も胴体が長い「A321ネオ」が含まれており、デルタ航空の発注額は表示価格ベースで約130億ドル(約1兆4600億円)となる可能性がある。実現すれば、エアバスはボーイングの「737マックス」ファミリーの最新モデル「マックス10」に勝利を収めたことになる。

  エアバスとボーイング、デルタ航空はいずれもコメントを控えた。デルタ航空はエアバスに発注するもようだと、米CNNが先に報じていた。

原題:Delta Is Said to Favor Airbus Over Boeing for Order of 100 Jets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE