米減税で成長率4%超とトランプ大統領-イエレン議長は同調せず

  • イエレン議長は「成長率は非常に大きくは伸びない」と会見で発言
  • トランプ氏は「米経済に新たな奇跡が起きようとしている」

トランプ大統領

Photographer: Al Drago/Bloomberg

トランプ米大統領は13日、減税法案が議会を通過し実施されれば米経済成長率は4%以上に著しく高まるとの見通しを示したが、イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長は同調しなかった。

  来年2月に退任するイエレン議長は減税による経済押し上げを歓迎するとした上で、その効果は緩やかで大半が短期にとどまると米金融当局者がみていることを示唆。今年3回目の利上げを決めた連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、「成長率は非常に大きくは伸びない」と発言した。 

  FOMCは減税効果を織り込みつつ、2018年の米成長率予想を9月時点見通しの2.1%から2.5%に上方修正したが、長期予測は1.8%で据え置いた。トランプ政権は予算編成でおおむね3%成長を前提にしている。大統領はホワイトハウスで、「米経済に新たな奇跡が起きようとしている」と述べ、成長率が4%を超える可能性を示唆した。

  こうした大統領の見方について問われたイエレン議長は、そのような成長率達成は「厳しいだろう」と2回述べ、慎重姿勢を崩さなかった。

記者会見するイエレン議長

(出所:Bloomberg)

原題:Yellen Isn’t Buying Trump’s Tax Cut Talk of an Economic Miracle(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE