UBS:ウェルスマネジメント部門責任者ツェルトナー氏退任へ

更新日時

スイス最大の銀行UBSグループは14日、ウェルスマネジメント(富裕層向け資産運用)部門責任者ユルク・ツェルトナー氏が退任すると発表した。 

ユルク・ツェルトナー氏

フォトグラファー:ジャンカルカ・コラ/ブルームバーグ

  UBSの資料によれば、ツェルトナー氏(50)は2018年に同行を辞め、同氏の職務はマルティン・ブレッシング氏(54)が引き継ぐ。

  ツェルトナー氏の退任はブルームバーグ・ニュースが先に報じていた。

原題:UBS Wealth Chief Zeltner Replaced by Blessing in Revamp (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE