日米欧:中国の通商慣行に警告、共同声明で-過剰生産や技術移転強制

  • 深刻な過剰生産能力や補助金、強制的な技術移転取り上げる方針
  • 名指しはしなかったものの、中国政府への明確な警告となる

米国と欧州連合(EU)、日本は12日、過剰生産能力の問題や強制的な技術移転に対処することを目的としたパートナーシップを発表した。中国との関係に影響を及ぼす可能性がある。

  日米欧はアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれている世界貿易機関(WTO)閣僚会議に合わせて共同声明を発表。「主要セクターにおける深刻な過剰生産能力」や市場をゆがめる補助金、海外への知的財産権を伴う技術移転を企業に迫る政策を取り上げる方針を示した。

  世界貿易を巡り中国が影響力を強めようとする中で、声明での名指しはないものの、日米欧による今回の共闘は中国政府に対する明確な警告になると閣僚会議の通商当局者は話した。

  ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と欧州委員会のマルムストローム委員(通商担当)、世耕弘成経済産業相は共同声明で、「われわれはこうした重大な懸念に対処するため、第三国による不公正な市場の歪曲(わいきょく)や保護主義的な慣行を取り除くべくWTOで、必要に応じて他の場でも3者間の協力を強化することで合意した」と表明した。

  米通商当局は中国が過剰な生産能力を背景に世界の鉄鋼市場を席巻し、価格を押し下げていると従来から批判。米商務省は来年1月半ばまでに中国を中心に鉄鋼輸入が安全保障上のリスクをもたらし、関税を課すべきかどうかの判断に関しトランプ大統領に報告書を提出することになっている。

原題:U.S., EU, Japan Fire New Warning Shot Over China Trade Abuse (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE