テバの新CEO、負債巡る選択肢でエバコアと協議-関係者

  • CFO含めた幹部が主要債権者と最近協議したと関係者
  • テバのNY上場株は12日の取引で値上がり

多額の債務を抱えるイスラエルのジェネリック(後発薬)メーカー、テバファーマスーティカル・インダストリーズのコーレ・シュルツ新最高経営責任者(CEO)は米投資会社エバコアと未払い負債への対応を協議している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  マイケル・マクレラン最高財務責任者(CFO)らテバの幹部は最近、リボルビング与信枠の縮小や一部融資の返済期間延長を含めた選択肢を検証するため主要な債権者と話し合った。非公開の協議だったとして関係者が匿名を条件に語った。

  関係者によると、テバは一部借り入れ契約条項の見直しと債券の返済期限延長を求める可能性もある。テバのニューヨーク上場株は12日の取引で値上がりした。

  テバの広報担当者は問い合わせに対し、「取引銀行や格付け会社とは常に協議しており、財務状況に対処するためあらゆる措置を慎重に講じている」とコメント。エバコアの担当者にコメントを求め電話したが応答はなかった。

原題:Teva Is Said to Work With Evercore on Reviewing Debt Options (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE