コンテンツにスキップする

日本株下落、米政治行方と円高懸念-半導体安い、「佐川急便」好発進

更新日時
  • アラバマ州上院補選は民主党候補が勝利、FOMC待ちも重し
  • SGホールディングスが東証1部上場、初値は公開価格比17%高
1504217001_topix from the to
Bloomberg
1504217001_topix from the to
Bloomberg

13日の東京株式相場は下落。上院補欠選挙で与党が敗北、米国政治情勢への懸念から為替が円高に振れた午後に下落が鮮明になった。電機や化学、機械株などの半導体関連銘柄が安い。一方、きょう東証1部に新規上場した「佐川急便」のSGホールディングスは好調なスタートを切った。

  TOPIXの終値は前日比4.24ポイント(0.2%)安の1810.84と5営業日ぶりに反落。日経平均株価は108円10銭(0.5%)安の2万2758円07銭と続落した。

  りそな銀行アセットマネジメント部の下出衛チーフストラテジストは、「米国のSOXが弱く、日本株は調整地合いであることは間違いない中、『アラバマ・サプライズ』にやや大きく反応した」とみている。ただし、市場は米国の減税案への影響を気にしているものの、正式に民主党候補が上院議員に承認される来年までには署名され、本当は影響ないだろう」とも言う。

Tokyo Stock Exchange and Stock Boards As Japan Shares Dip With Banks As Volatility Returns to Markets

東証内

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  この日の日本株は小高く始まったものの、米国の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を13日に控え、様子見姿勢の強さから午前は小安く終了。昼休み時間帯に為替市場でドル・円が1ドル=113円10銭台と朝方の同50銭台から急速にドル安・円高に振れると、株価指数は先物主導で午後の開始と同時に下げ幅を広げた。日経平均は一時、168円安まであった。

  円高・株安のきっかけとなったのが米南部アラバマ州で12日投開票された上院議員補欠選の結果だ。民主党候補のジョーンズ氏が共和党のムーア氏を破った、とAP通信などが報じた。同州の上院選で民主党候補が最後に勝利したのは1992年、その後は共和党が全勝してきた経緯がある。昨年の大統領選挙でもトランプ氏が圧倒的に勝利していた。今回の結果を受け、上院議席は共和51、民主49と一段と接近し、法案審議への影響が懸念される格好となった。

  12ー13日の日程で開かれている米FOMCに対する見極め姿勢も終日相場の重し。金利先物が織り込む今回会合での利上げ確率は100%に達し、来年の利上げ見通しは年3回が据え置かれるとの見方が大勢となっている。

  いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員は、「FOMCの焦点は物価の見通しで、強気だったらタカ派的なバイアスがかかり、米国株が調整する可能性がある」と言う。りそな銀の下出氏は、「米国の経済見通しが上方修正され、失業率予想も下がり、来年の米利上げ回数が増えるリスクを意識している」と指摘。一方で、ドットチャートに変更がなければ、「金利先高観で銀行などバリュー株が買われている今の株式市場の地合いが変わり、世界的に競争力のあるテクノロジー株が買われるきっかけになる可能性もある」と話した。

  米労働省が12日に発表した11月の生産者物価指数(PPI)は前月比0.4%上昇し、市場予想(0.3%上昇)を上回った。同日の米10年債利回りは2.40%と1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇。米国株は、S&P500種株価指数とダウ工業株30種平均が最高値を更新した半面、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数やフィラデルフィア半導体株指数(SOX)は下げた。

  東証1部33業種はゴム製品、化学、金属製品、機械、パルプ・紙、ガラス・土石製品、繊維、電機など22業種が下落。銀行や医薬品、証券・商品先物取引、その他金融、海運など11業種は上昇。売買代金上位では、化学や機械、電機に属する半導体関連銘柄の下げが大きく、SUMCOや東京エレクトロン、信越化学工業、ロームが安い。伊方原子力発電所3号機の停止を求める住民側の申し立てを認める広島高等裁判所の決定が伝わり、四国電力は大幅安。

  これに対し、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが急伸。任天堂がモバイルゲームの提携拡大を模索、ガンホーが協議先企業と米紙ウォールストリート・ジャーナルが報じた。この日東証1部に新規上場したSGHDは公開価格の1620円を17%上回る1900円で初値を形成、その後1945円まで買われる場面があった。

  • 東証1部の売買高は19億54万株、売買代金は2兆8773億円
  • 値上がり銘柄数は790、値下がりは1167
    TOPIXとSOXの直近推移
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE