米上下両院税制法案、12日中に一本化も-コーニン共和党上院院内幹事

  • ブレイディ下院歳入委員長:15日までに書面で合意できる公算大
  • マッカーシー共和院内総務:下院は19日の税制法案採決目指す

コーニン米共和党上院院内幹事は12日、早ければ同日中に上下両院の税制法案を一本化できるとの見解を示した。

  コーニン氏は「それは可能だと思うし、そうなることを望む」と述べた上で、上下両院議員は互いに提案のやりとりを続け、順調に前進していると説明した。

  一方、両院協議会の税交渉を監督するブレイディ下院歳入委員長は、15日までに最終的な税制案について書面で合意できる可能性が高いとし、「週内の合意へ向かっている」と語った。

  マッカーシー共和党下院院内総務は同党議員らに、下院は19日の税制法案採決を目指すと述べた。スミス下院議員が明らかにした。一方、コール下院議員は19日が目標だと聞いたが、直接の発表はなかったと語った。

  リード下院議員は「来週の採決という日程は非常に現実的だ」と述べた。

原題:Cornyn Says Compromise May Come Later Tuesday: Tax Debate Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE