米3M:売上高と利益、2018年に拡大すると予想-成長市場に注力で

  • 利益は来年に最大10%増加する可能性もあると予想
  • 新興市場に支えられ、一部事業の低迷を克服

日用品・工業品メーカーの米3Mは来年に売上高と利益が拡大すると見込んでいる。同社は高成長市場に軸足を移してきた。

  12日の3M発表によると、来年の売上高は最大7%増(現地通貨建てベースでは最大5%増)となる見通し。利益は1株当たり9.60-10ドルとなり、今年の実績を10%上回る可能性もあるという。

  複数の部門が低迷したものの、新興市場の最近の強さや有利な為替レートが補った。3Mはこうした勢いが2018年も続くと見込んでいる。多くの国で広範な製品を手掛ける製造業者として、同社は世界の景気トレンドと密接に結びついている。

原題:3M Sees Sales, Profit Expanding Amid Focus on Growth Markets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE