「ビットコインの賢者」も信じない新規仮想通貨公開-こっちはバブル

  • 世界を旅するNZの男性はICOに投資するつもりはないと言明
  • ICO後、大半の仮想通貨が実際に使われず投機手段となっている

「ビットコインの賢者」として知られるニュージーランド人男性がいる。仕事を辞めてビットコインに夢中になり、夢の人生を手に入れた。仮想通貨が世界を変えると信じ、世界中を旅してこれを説いて回っている。

  しかしこの男性も、最近の新規仮想通貨公開(ICO)ブームには懐疑的だ。手っ取り早く金を手に入れる手段としか見えない。

ヒマラヤのビットコイン賢者

出典:Dusty Gray

  30代のこの男性は自分のビットコインをハッカーに盗まれることをひどく恐れているので名前を明かしていない。

  「賢者(ババ)」のニックネームはインドで活動していた時に得たが、最近の滞在地であるオーストラリアでICOについて、「こっちは巨大なバブルだ。ひどいはじけ方をするだろう」と語った。ICOに投資するつもりはないとも述べた。

  「ICOのプロジェクトについていろいろ説明があるが、いったん取引が始まると話は価格のことばかりだ。プロジェクト内容との相関性もない」と指摘した。

  ブルームバーグがまとめたデータはこの男性の言葉が正しいことを示している。今年最大級のICO30件で売られた仮想通貨のうち、具体的な利用プロジェクトのない仮想通貨は、ICO後1カ月のパフォーマンスが良好。実用プロジェクトのある仮想通貨のほぼ3分の2は値下がりした。トークン・リポートによれば、ICO後に実際に使われるのは、10のデジタル通貨中1つ程度。大半が純粋な投機手段となっているのが実情だ。

原題:Want to Issue a Red-Hot ICO? Rule No. 1 Is Do Very Little Work(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE