きょうの国内市況(12月12日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●TOPIX小幅に4日続伸、銀行や資源関連上げ-FOMC控え神経質

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は、TOPIXが小幅に4日続伸。米国金利の先高観を背景に銀行、保険など金融株が買われ、国際原油市況やばら積み船運賃の続伸を手掛かりに鉱業や石油、商社、海運株など資源セクターも高い。

  半面、米国の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)が12ー13日の日程で開かれるため、当局の判断を見極めようと為替市場では直近のドル高・円安の勢いが一服、先行上昇業種から出遅れ業種に資金シフトする動きもあり、電機や精密機器など輸出株の一部、情報・通信や小売株は下げ、相場全般の重しとなった。

  TOPIXの終値は前日比1.74ポイント(0.1%)高の1815.08。日経平均株価は72円56銭(0.3%)安の2万2866円17銭と4営業日ぶりに下げた。

  三菱UFJ国際投信・戦略運用部の石金淳チーフストラテジストは、「企業業績や景気などファンダメンタルの実体経済はしっかりしており、調整終了後は次の上昇相場を迎える」と指摘。連日強い動きの銀行株については、「年初来でTOPIXの値上がり率に対し出遅れており、世界景気が良くなり、先行き長期金利が上がるとの期待から金融株に物色が向かっている」とみていた。12日までの年初来パフォーマンスはTOPIXの上昇率20%に対し、銀行は6.5%にとどまる。

  東証1部33業種は鉱業や石油・石炭製品、銀行、海運、証券・商品先物取引、保険、不動産など20業種が上昇。鉱業や石油など資源セクターは、前日のロンドン市場の北海ブレント原油先物が2015年6月以来の高値を付けたことを受けた。海運は、ばら積み船の運賃指標であるバルチック・ドライ指数が11日まで17日続伸していることが好感された。下落は精密機器や情報・通信、化学、その他製品、小売、電機、食料品など13業種。

  売買代金上位では、三菱UFJフィナンシャル・グループや三井住友フィナンシャルグループなどメガバンクグループが上げ、国際石油開発帝石や日本郵船も高い。この日東証1部に新規上場した中古住宅再生のカチタスは1.5%高で初値を付けた後、大幅高になった。一方、みずほ証券が投資判断を下げた味の素は安く、ルネサスエレクトロニクスやアドバンテスト、昭和電工、ロームは売られた。

  東証1部の売買高は16億62万株、売買代金は2兆5106億円。値上がり銘柄数は910、値下がりは1024。

●債券先物が上昇、5年入札結果受けて買い優勢-現物債も底堅く推移

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券市場では先物相場が上昇。前日の米債安を受けて売りが先行したものの、この日の5年国債入札が順調な結果となったことを受けて買いが優勢となった。現物債も中期ゾーンを中心に底堅く推移した。

  長期国債先物市場で中心限月2017年12月物は前日比3銭安の150円87銭で取引を始め、150円86銭まで下落。しばらく小幅安で推移したが、午後は150円95銭まで上昇し、結局は3銭高の150円93銭で終了した。日中売買高は18年3月物が12月物を上回り、午後3時半からの夜間取引から中心限月が移行した。

  SMBC日興証券の竹山聡一金利ストラテジストは、「入札結果は無難から順調といったところで先物が若干買われた。5年債はあまりのびしろがなく、2-5年がフラット化してカーブ的な妙味も感じなかったが、意外にしっかりした結果だった」と指摘した。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の349回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より0.5ベーシスポイント(bp)高い0.05%で取引を始め、午後は0.045%に戻した。5年物133回債利回りは0.5bp高いマイナス0.115%で始まり、横ばいのマイナス0.12%に買い戻された。2年物383回債利回りも横ばいのマイナス0.155%で推移している。

  超長期ゾーンでは、14日に入札を控えた新発20年物162回債利回りが横ばいの0.565%。新発30年物57回債利回りは0.5bp高い0.82%で始まり、0.815%に戻した。新発40年物10回債利回りは0.96%と、11月10日以来の低水準で推移している。

  財務省が実施した5年国債134回債入札の結果は、最低落札価格が101円02銭(最高利回りマイナス0.102%)と、市場予想の101円01銭を上回った。最低と平均落札価格の差で、小さければ好調を示すテールは1銭と、前回と同じ。投資家需要の強弱を反映する応札倍率は前回4.19倍を上回る4.38倍だった。日本相互証券によると、134回債はマイナス0.105%で開始後、マイナス0.11%に下げた。

●ドル・円は113円台半ば、米金利上昇一服で上値重い-FOMC待ち

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=113円台半ばで推移。米連邦公開市場委員会(FOMC)などのイベントを控えて様子見姿勢が強まる中、米長期金利上昇の一服を背景にやや上値が重い展開となった。

  午後3時37分現在のドル・円は前日比0.1%安の113円45銭。朝方付けた113円58銭を日中高値に113円43銭まで弱含んだ。

  あおぞら銀行市場商品部為替マーケットメイク課の渡辺秀生課長は、今週はFOMCの他に米経済指標や米税制改革法案一本化に向けた動向も材料になるし、今晩の米補欠選挙もどうなるか「材料待ち」になっていると説明。ただ、ドル・円は「雰囲気的には下も堅くなってきた」と言う、ポジティブな材料ががいくつか出れば「ちょっと上を試す展開もあり得る」と語った。

  ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.17ドル台後半で一進一退。ポンド・ドル相場は1ポンド=1.33ドル台前半でもみ合った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE