ベトナムのビール最大手サベコ株の応札登録、タイ・ビバレッジのみ

  • アサヒGHやアンハイザー・ブッシュなども関心を示していた
  • ベトナムのビール需要拡大もサベコ株のバリュエーションが足かせ

ベトナム政府による同国ビール最大手サイゴンビール・アルコール飲料総公社(サベコ)の株式売却計画で、少なくとも25%の株取得に向けて登録を済ませたのはタイ・ビバレッジの1部門のみにとどまった。商工省のウェブサイトで明らかになった。売却額は20億ドル(約2270億円)超相当となる可能性がある。

  サベコ株を巡っては、アンハイザー・ブッシュ(AB)インベブやアサヒグループホールディングスなども関心を示していた。18日に実施される入札で25%を超える株式を取得する場合の登録期限は11日だった。これを下回る株取得を目指すのであれば引き続き参加が可能。タイ・ビバレッジは現時点でコメントを控えた。

  ベトナムは同国最大となる株式売却で少なくとも48億ドルの調達を目指している。ユーロモニターによると、ベトナムでは中間層の拡大と若年人口の多さから2002年以降でビール需要は300%拡大。ただ、サベコの株価が年初来で48%上げており、多くの企業は同社のバリュエーションを受け二の足を踏んでいる。

  ベトナム政府は最大53.6%の株式を手放す計画だが、サベコへの外国投資家の出資比率は38.59%に制限される。海外投資家はすでに10.4%を保有しており、政府が一部の公営企業に課している出資上限に達する可能性がある。

原題:ThaiBev Emerges as Sole Bidder for $2 Billion Sabeco Stake (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE