米国株は過去22年で最も買われ過ぎ、反転の可能性も-チャート

先週末の米国株は最高値を再び更新した。相対力指数(RSI)によれば、株価は過去約20年間において最も買われ過ぎの領域にある。市場のモメンタムを測るRSIは、70を上回ると相場が反転する可能性が高まることを示す。8日の取引終了時点でS&P500種株価指数のRSIは82をわずかに下回る水準だった。

原題:U.S. Stocks Reach Most Overbought Level in 22 Years: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE