米求人件数:10月は600万件で前月から減少、雇用者は増加

更新日時

米労働省が11日発表した10月の求人件数(季節調整済み)は前月比で減少した。前月は過去最多だった。

  10月の求人件数は前月比18万1000件減少して600万件。減少幅は5月以降で最大。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想は614万件だった。前月は618万件に上方修正された。

  雇用された労働者は555万人と、前月の532万人から増加した。雇用率(全雇用者に対する月間雇用創出の比率)は3.8%(前月3.6%)だった。

  自発的離職者は318万人で、前月から変わらず。離職率は2.2%で前月と同じだった。解雇者は163万人と、前月の175万人から減少した。

原題:U.S. Job Openings Cooled in October After Climbing to a Record(抜粋)

(詳細を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE