NY地下鉄構内で爆発、イスラム国支持の実行犯を拘束

更新日時

Police respond to a report of an explosion near Times Square on .. (AP Photo/Charles Zoeller)

AP Photo/Charles Zoeller

ニューヨーク市の繁華街、タイムズスクエアに近い地下鉄駅の構内で11日朝に爆発があり、パイプ爆弾を爆発させた容疑者1人ほか計4人が負傷した。

  ニューヨーク市警は容疑者を拘束。現場近くで記者会見したオニール本部長によると、同市ブルックリンに住むバングラデシュ出身のアケエド・ウラー(27)容疑者が体に着けていたパイプ爆弾を爆発させ、重度の火傷を負った。他の負傷者は軽傷とされる。

  捜査に詳しい警察当局者によると、容疑者は6年前に米国に移住し、母親と姉とブルックリンに在住。職業はドライバーだが、電気技師としての経験もあったという。

  ウラー容疑者は警察に対し、過激派組織「イスラム国」(IS)の信奉者だと供述した。ただ、容疑者はISの出版物を読んだ後に単独で攻撃を計画・実行したというのが捜査当局の見方だと、前出の警察当局者は話した。

  先の警察の発表によれば、爆発が消防に報告されたのは現地午前7時19分。

原題:Times Square Subway Bomber Tells Police He’s a Follower of IS(抜粋)
Blast in Manhattan Subway Set Off by Man Wearing Explosives (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE