メイ英首相の脆弱な合意に早くもほころび-アイルランドと舌戦交える

  • 8日の合意に拘束力ないと英離脱担当相発言、アイルランドが反論
  • メイ首相は11日、議会で演説へ-閣議開催後

メイ英首相が欧州連合(EU)離脱交渉で8日にようやく勝ち取った合意に早速ほころびが表れ、もろさを露呈している。

  デービス英離脱担当相は10日、BBCテレビに対し、8日の合意を英国が必ずしも順守しない可能性を示唆した。英国のEU離脱後、アイルランド国境を開かれたものにすることで合意ができない場合はEUに合わせた規則を維持するという条項について、英国が異なる規則を定めることができないことを意味しないとし、合意内容は「法的拘束力があるというよりも、意向を表明したものだ」と述べた。

  アイルランド側は反発。コベニー副首相が早速10日夜のツイッターで、コミットメントは「将来のいかなる合意の性質にもかかわらず、順守されなければならない」という合意文書の中の文言を挙げ、拘束力がないという主張に反論した。アイルランドは声明を出し、離脱交渉の第1段階に関する8日の合意を「英国が順守することは、アイルランド政府とEUにとって既定だ」と強調した。

  メイ首相は11日、「全てが合意されるまでは何一つ合意されない」と電子メールでの声明でコメントした。首相は同日の閣議後、議会で演説する。

原題:May’s Fragile Truce Tested as Brexit Pledges Start to Unravel(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE