コンテンツにスキップする

マードック氏のワイナリー、大事に至らず-米カリフォルニア州山火事

  • 「モラガ・エステート」でワインを生産しているリッチ氏がツイート
  • マードック夫妻の住宅に被害はなかった-リッチ氏

米21世紀フォックスを率いる富豪ルパート・マードック氏がロサンゼルス郊外のベルエア地区に持つワイナリーは付近の火事で多少の被害が出たものの、大事には至らなそうだ。負傷者はいなかった。

  マードック氏の「モラガ・エステート」でワインを生産しているスコット・リッチ氏は消防隊員の活躍で「生命と資産が守られた」とツイッターに投稿。収穫は2カ月前に終わっていたという。一部のワインは失われた。カリフォルニア州南部では山火事が続いており、道路や学校の閉鎖を余儀なくされている所もある。

  2013年に取得されたモラガ・エステートは広さ16エーカー(約6万4750平方メートル)で、避難地域となっていた。リッチ氏によれば、マードック夫妻の7500平方フィート(約697平方メートル)の住宅は無事だった。

原題:Rupert Murdoch’s Wine Is Going to Be All Right Despite Fire(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE