ロンドンの不動産市場、2018年も値下がり続く見込み-ライトムーブ

  • ロンドンの住宅価格、今年は1.8%、来年は2%下がる見通し
  • 英国全体では来年1%値上がりの見込み-11年以来の低い伸び
Photographer: Chris J. Ratcliffe/Bloomberg

ロンドンの不動産市場は、来年も再び荒れ模様となりそうだ。英住宅不動産ウェブサイト、ライトムーブはそのようにみている。

  ライトムーブの11日発表によれば、ロンドンの住宅価格は今年1.8%下落後、来年は2%下がる見込み。今月これまでだけでも、住宅はロンドンで3.7%、英国全体で2.6%それぞれ値下がりしたという。ただし、12月は例年、季節的に大きく落ち込むことが多い。

  英国の欧州連合(EU)離脱に賛成との結果が出た国民投票を受け、英国では景気が低迷、個人消費が冷え込んでいる。ライトムーブによると、同国全体の住宅価格は来年1%上昇の見込みだが、この伸び率は2011年以来の低水準。

原題:London Property Market Likely to Continue Price Drop in 2018

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE