「スター・ウォーズ」公開迫る、オスカーレースにも注目-北米映画

  • A24フィルムズの「ディザスター・アーティスト」が4位
  • A24作品は「レディ・バード」も9位に入った

Light signage for the 'Star Wars' series is displayed in Paris, France.

Photographer: Chesnot/Getty Images

週末の北米映画興行収入ランキングは、ウォルト・ディズニーのアニメーション映画「リメンバー・ミー」が3週連続首位となったが、4位にはA24フィルムズの「ディザスター・アーティスト」(原題)が4位に入った。今週の「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」公開を控え、客足は全体的に伸び悩んだ。

  調査会社コムスコアによれば、ディザスター・アーティストの興行収入は推計640万ドル(約7億2700万円)。史上最低の映画とされる2003年の「ザ・ルーム」(原題)製作を巡る実話を基にした作品で、ジェームズ・フランコの演技が評価され、アカデミー賞候補との呼び声も高い。A24はアカデミー賞作品賞を今年受賞した「ムーンライト」を手掛けた。

  A24の作品では「レディ・バード」も350万ドルで9位に入った。首位のリメンバー・ミーは1830万ドルだった。

原題:Oscar Hopefuls Get Chance to Shine Before ‘Last Jedi’ Debuts (1)、Disney’s ’Coco’ First in Weekend Box Office Estimates: comScore (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE