GGP、ブルックフィールドからの148億ドルの買収提案拒否-関係者

  • その後も合意を目指し協議は続いていると関係者は説明
  • 実現すれば世界最大級の上場不動産会社が誕生

カナダのブルックフィールド・プロパティー・パートナーズが米不動産会社GGPの未保有株を148億ドル(約1兆6800億円)で取得する提案をGGPが拒否したと、事情の詳しい関係者が明らかにした。ただ、合意を目指し協議は続いているという。

  ブルックフィールドは先月、ショッピングモールを所有するGGPに対し、未保有分である66%を1株当たり23ドルで取得することを提案。これはGGPの11月6日終値に約21%上乗せした水準。ブルームバーグ・ニュースは同月7日、ブルックフィールドがGGPを非公開化することで予備的な協議を行ったと伝えていた。GGPはその後、取締役会がこの提案を精査するため特別委員会を設置したと発表資料で明らかにしていた。買収が実現すれば、世界最大級の上場不動産会社が誕生する。

  GGPが提案を拒否し協議は継続する見通しだと、ロイター通信が10日、先に報じていた。ブルックフィールドはコメントを控えている。GGPのケビン・バリー氏に通常の営業時間外に電話と電子メールで問い合わせたが、現時点で返答はない。

原題:GGP Said to Reject $14.8 Billion Brookfield Bid as Talks Go On(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE